2000年に我が家に3兄妹で保護。ウッキー・ナッキー・ユーフォと名付けジュニアたちに可愛がられ幸せに過ごしていましたが全員伝染性腹膜炎・・・と言う診断を下されショックを受けたのは昨日のことのように覚えております。また同時期保護をしたアメショの大『ブラウンダビー・・・田んぼの中に捨てられていました。大きさは10センチくらい』をとても可愛がり自分も子猫なのに愛情深いやさしいユーフォの姿を見ることが出来ました。その大も同じ病で神経麻痺が出て1歳でお星様になりましたがその時のユーフォのしょんぼりさはこちらがオロオロするくらいでした。

男子なのにとてもやさしくきれいなシルバーキジトラ柄に育ち名前の由来『変顔だったのでUFO』とは程遠く本当に可愛く育ち・・・。それが突然の泣き声。部屋掃除中に消え入りそうな泣き声に聞き耳を立て探してみるとそこにユーフォが。すぐに病院に走ったが息使いが荒くエコーで肺に水が・・・すぐ処置をしていただいたが中身は膿。原因?自宅に帰っても苦しさは軽減されず往診をお願いして獣医さんが帰って20分くらいで突然声を上げて・・・・・・・・。

多分私は100匹以上見取ったが2~3日看病させてくれたら心の整理がつくが今回はあまりに突然空のかなたにかけ上げって流れ星になったユーフォ。今日埋葬します。


ユーフォの写真デジカメで写したのがありませんので可愛い写真を探してスキャナでアップします。


DSCF2230_20100607065845.jpg


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

▽ちーちゃんの預かりさんのブログはこちら



ブログランキングに参加しています。

ご協力をお願いします(^^♪

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村