随分前から騒がれていました。

11081259_1575382682703473_5348266841347088857_n.jpg

まさかペットフードの中身が衝撃。情報共有します。
アメリカでは、1990年代以前は、犬猫の殺処分数が年間2,000万頭を超えていました。
今でも高位推計では700万頭、中位推計では400万頭とされています。
殺処分された犬猫の死体は、アメリカにとって処分のコスト負担が頭の痛い問題です。
そのために、多くの犬猫の死体はレンダリング(加工して再利用)され、家畜の飼料、ペットフード、肥料、その他の工業原料にされています。
しかしBSE以降は、家畜やペットの死体をレンダリングした原料は、牛などの家畜の飼料に使うことができなくなりました。
そこで、アメリカ政府は、ペットフードの消費を増やしたいのです。
また、ペットフードの消費が増えることは、アメリカを本社とする巨大ペットフード産業にも利することになります。
しかしアメリカでは、ペットフードの消費は、既に飽和状態です。
それで、日本に消費を促しているのではないですか。
日本のペットフードにも、多くの殺処分された猫犬の死体が加工され原料として使われています。
ただ、原材料の原産国まで表示義務はありません。
◎殺処分された犬猫がレンダリングで製造された原料は「動物性油脂」「加水タンパク質分解物」「○○ミール」などと表示されます。

レンダリング工場では、日常的に、特別に設計されたトラックを使ってたくさんの地域からペットフードの原材料を集めている。
そのトラックを使って、脂肪や骨くず、食べられない肉くず、血液、羽、そして死んだ動物たちを、屠殺場や農産物加工業者、動物保護区(アニマルシェルター)、肉屋、レストラン、牧場、肥育場、そして市場から集めては加工している。
結果として出来上がる”肉類”は多くのたんぱく質やその他の混合物になっており、人間用にはなりえない。
米国食品医薬品局(FDA)は、動物の飼料についての規制はしているものの、レンダリングされる”原材料”についての法的な規制は今のところ存在しない」
以上。
最愛の家族の口に入るフードです。命に関わってきます。
ご確認ください。。

ランキングに参加しております。多くの方に知って頂くためポチッと・・・宜しくお願いいたします。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村<














いぬねこの森では、常に犬猫達のフードなどが不足しています。
Amazonのいぬねこの森欲しいものリストにはシェルターの子達が
大好きなフードやよく使う物資をリスト化しています。
支援者様がこちらの商品をご購入頂くと、いぬねこの森へ届くシステムです。
どうか暖かい支援ご協力をお願いします。

〜Amazon欲しいものリスト犬用〜はこちら

〜Amazon欲しいものリスト猫用〜はこちら

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

▽ちーちゃんの預かりさんのブログはこちら



ブログランキングに参加しています。

ご協力をお願いします(^^♪

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可