転載

あの瞳が忘れられません

犬は頭が良いのです。

補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)をはじめ、人間を手助け する役割。 遊びを楽しむかの様に、任務を誇りに動く犬たち。

災害救助犬レイラと訓練士村田忍さんが東日本大震災直後に救 助活動また遺体捜索に貢献した活躍は記憶に新しく、残りま す。

最終部屋とされ死が直前にある犬たちは、鳴き声の声色が違い ました。 特に老犬が多く目立ちました。 本来ならば飼い主と共に年を重ねてゆくべきはずが、何故ここ にいるのでしょうか。

職員の方がおっしゃった言葉の中で、こんな言葉がありまし た。

『犬を捨てない大人を育てたい』

印象的でした、 私も必要性を感じてます。教育にも密接します。 学校や先生方の意識が大きく左右することでしょう。

また、千葉県動物愛護センター所長さんがモデル犬の舎で犬に 話しかけながらウンチを取る姿、 印象的でした。

誰だって、想いは一つ。

世の中には様々な価値観があるけれど、少なからず、あの日あ の場に居合わせた登録ボランティア陣と、職員の方々全員の想 いは一つ

『殺処分0』 それに尽きます、、 そしてこのブログを読んでくださる方々の想いも。

帰り際、慰霊碑に手を合わせました。 形式的な石がそこにはあるけれど、 あの日私が目が合ったあの犬たちの骨が慰霊碑に入ることはな く、 焼却された後は、ゴミと同じ扱いで捨てられる。

一つ一つの命の重さ、 消えてゆく命の多さを一桁も間違わず周知してみんなで考えて ゆくべきだと痛感しました。

千葉県 平成24年度

犬 1376頭殺処分

猫 3364頭殺処分

死を目前とされた犬たちの部屋には冷暖房がありません。 冷暖房を付けることは贅沢でしょうか?

猛暑な夏は外気が36度に対して最終部屋は35度、 この件に関して訴え続けているとある登録ボランティア団体の 方が懸命に今日も訴えていました。 息も絶え絶え、毛皮をきた犬たちはただそこに居るしかないの か。

職員からの回答は『予算がない』とゆう様。

あの様子では今年の夏も、冷房を諦めるしかないのか。。。

私達はどの様に働きかけたら良いのでしょうか。 みんなで知恵を出し合い、一つ一つの命が全うできる環境を。

私が千葉にヒ引っ越して来て毎日道路の端に犬が引かれているのを何度見たことでしょうか?
猫はいまでも引かれているのを見ない日はありません。
センターに持ち込まれる犬猫の多さ。
飼い主持ち込みの闇から闇に処分される不合理・・・飼い主の一方的な言い分だけで保健所が処分に手を貸す。
職員さんと話をしても助けたいと言う熱い思いが感じられない。私がお話をした方だけなのか?
犬は物扱いだから・・・何も言い分は聞いてもらえない?

ちがうでしょう。
犬も猫も家族でしょう。
自分たちだけが幸せならいいのですか?

全ての生きとし生きるものが幸せにと願ってやみません。
理想かも知れませんがそれに向かって進んでいきます。

応援クリックで里親探しのご縁を手繰り寄せたいので宜しくお願いいたします。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村<































ブログランキングに参加しています。

ご協力をお願いします(^^♪

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可