長崎lifeさんのブログで昏睡状態のうじ虫が身体中に沸いた高齢のワンちゃんを、保健所に持ち込んだ人(?)が居たことが書かれていました。
多分、表に出て無いだけであちこちで同じ様な事が有ると思います。
この近辺でも19年間資材置き場の番犬として散歩どころか、水も食事もろくに与えられず飼い主を噛んだ(?)と言う事で殺され、その亡骸は飼い主自身がその亡骸を一輪車に乗せ、何処かに埋めた・・・この様なことはこの辺では当たり前のようです。

保健所や警察に通報しましたが埋めた場所がわからないと、警察としては何も出来ないと言われてしまい

色々な場所を探し回りましたが、結局わからず6か月後に地元の人が彼、処に埋めたよ・・・と。

何であの時言ってくれなかったのかと悔しい思いをしたのが2年前。

ピーちゃんは時々見に行ってはいますが、お水の器は金物からポリバケツになってはいたものの、日陰対策は、されておらず保健所から指導に行って頂いたのですが職員さん曰わくこの飼育方法が悪いと思っていないから困る・・・と言っておられた。

後はまるっきり日陰の無い砂利山。ここに繋がれっぱなしでした。



すぐ近くには、番犬をさせられられいる小型犬のパピヨンが居ます。
私も初めて見る光景ですが道路沿いに牛が木に繋がれてる、その傍にボロボロの大きすぎる(多分前の番犬の物?)小屋に繋がれています。

ピーちゃんの時に保健所の方に行きましたが、あれは虐待に当たらない・・・と言われ見守るしかなかったのですが。
今回は、毛も凄い事になっていました。



もう1頭は一畳程の小屋に入れっぱなし(私は一度もお散歩してるのに出会った事がありません)
いつ行っても飼い主らしき人にも会えません。

この辺の人はワンニャン達との生活の習慣?仕方?がおかしい。
普通で良いのです。ふつうで。
それが出来ないなら飼わない。

いぬやねこは飼い主を選べない。だから人間が変わらなければ。

多くの方に見ていただきしあわせの赤い糸が繋がりますようにポチッとお願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

▽ちーちゃんの預かりさんのブログはこちら



ブログランキングに参加しています。

ご協力をお願いします(^^♪

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可